サザンガルドのすゝめ剣盾S2最高42位 最終84位

 

f:id:Kairyuuronjya:20200205203418j:plain

 画像はサブロムから

 

今回はS2(シーズン2)の記事です。

今回書かせていただくのは、タイトルにも書いた通り、サザンガルドについてです。

このサザンガルドという並びは、18タイプに対して耐性が持てサイクル戦に向いていて、実際その構築で最終84位という成績を残すことができたので、この場をお借りして紹介させていただきたいと思います。

(以下常体)

f:id:Kairyuuronjya:20200206181842j:plain


 

↑やったよ やったよやったよーーーーーー

 

パーティ紹介

1 サザンドラ C252S252H4 @こだわりスカーフ 臆病

悪の波動 流星群 とんぼ返り だいもんじ

控え目でも、ドラパルトを抜くことができますが、環境にはその控え目スカーフサザンドラが多いため、それを考慮しての臆病スカーフ。

一方で、控え目ではないのでダイマックスドラパルトを流星群で落とせないなど 

火力に悩む場面があったため、個人的には控え目推奨。

蜻蛉による対面操作がシンプルに強力だった。

2 ギルガルド H252C252S4 @こだわり眼鏡    控え目

キングシールド てっていこうせん シャドーボール ラスターカノン

眼鏡てっていこうせんで、H252ダイマックストゲキッスを乱数81.2%で落とすことができ、キッス側のダイバーンは確定耐えするため、トゲキッスを倒すのに重宝した。

キングシールドはダイウォール用 ここを攻撃技にしても破壊光線などしかなかったため、キングシールドのほうがよかったと思っている。

種族値10ダウンがなければ、弱点保険でも使ってみたかった。

3 ロトム(炎) H252C252D4 @突撃チョッキ   控え目

悪の波動 シャドボ かみなり オーバーヒート

サザンガルドの2体では、どうしてもトゲキッスが重くなってしまうため、タイプ相性とチョッキの耐久によって、トゲキッスを完全に受けられるポケモンとなり、タイプ相性の保管が非常に良くなるため採用。

悪の波動はダイアークになるため、受け崩しに有用だった。

4 ギャラドス A252S252H4 @いのちのたま  ようき  (自信過剰)

パワーウィップ たきのぼり とびはねる ちょうはつ

ちょうはつをアーマーガァ意識で入れたことで、ダイウォールも打てるようになった。

そのため、相手のダイマックスを枯らした後、珠による火力を押し付けてそのまま勝てるという試合も多く、安定した火力を出すことができた。

パワーウィップは、ミロカロストリトドンなど、ギャラドスを受けに来るポケモンにさしていく。

5 ルカリオ  A252S252B4  @きあいのたすき  ようき

インファイト コメットパンチ しんそく 雷パンチ

精神力によって威嚇を無効化して攻撃でき、全ポケモン中でインファイト+神速の火力が最も高いことに目を付け、採用。 HBバンギラスインファイトが確定2発とかなりの火力が出る。 水ロトムもギリギリ押し切れるため、その点も良い。

雷パンチは、ギャラドスに打つだけでなく、受けに出てくるブラッキーの欠伸を無効化できるため、器用な運用ができた。(ただ、そこでダイマックスを切ってしまうのは戦況としてあまりよくないので、反省したい。)

6 ゴリランダー H252A252B4 @こだわりハチマキ いじっぱり

ドラムアタック  はたきおとす 馬鹿力 ウッドハンマー

ロトムを役割対象としているが、それ以外にも高打点を持てて、強力だった。

また、受けサイクルに対しては、叩き落とすで持ち物をおとしつつ、いざとなったらダイマックスからのダイナックルで積んでいくという流れもでき、時折このポケモンダイマックスを切ることもあった。

まだまだ開発の余地がありそうだと思うとともに、ドラムアタックによるS操作からサイクルを回せるため、その点においても強かった。(早くグラスメイカーください)

S3では、やどみが型での運用もしてみたい。

 

重いポケモン 

エレザード  

そもそもどんなポケモンかわからないままやられていた。 

ドサイドン 

硬すぎて何を打てばいいのかわからない 高火力を押し付けられて負けに直結してしまう。

スカーフドラパルト 

技範囲が広すぎて厄介 ただ、基本的にはどの持ち物もサイクルの中で処理できるのでそこまでではなかったが、選出が固定されてしまうため

その点で重い。

トゲキッス     

何をどうしても怯みで負ける 対処法なし。

 

選出 代表例

A サザンドラギルガルドロトム

ドリュウズがいなければこれになることが多い。

キッスにかなり厚い選出となっている。

ドリュウズがいればBへ

バンギラスがいればCへ

B サザンドラギルガルドギャラドス

サイクルをまわしつつギャラで全抜きを狙う。

うまく通せれば勝てる。

C ルカリオ+ゴリランダー+ギャラドス

個別撃破していき、ドラムアタックでSを下げてギャラドスで抜いていく

バンギラスルカリオで倒す。

 

基本的にサイクルの要素が強めのため、得手不得手がしっかり分かれてしまったという印象を持ちました。

自分はプレイスキルがそこまであるわけではなく、ここまで来れたのは構築のパワーが高かったからだと思っているため、これからのシーズンでは、自分のプレイスキルも磨いていきたいと思います。

 

 

拙い文章ですが、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

ご質問等は@Toaruneginegiまでお願いします。